冷え症に効くサプリ!おすすめはこれ

冷え症に効くサプリランキング

 

冷え症の原因は?


冷えというのは心の状態と深く関わっています。あまり関係が無いように感じる人も多いかと思いますが、意外にも関係は深く、怒りや悲しみの感情を押さえ込もうとすると、筋肉が緊張するのでエネルギーの流れを大きく妨げる事になり、それが冷えの原点です。体は動いたり、運動したりという時にもエネルギーを使いますが、体温を維持するためにも使用しているのです。

体温の素は各部の細胞のミトコンドリアという小さな器官で作られています。この各細胞のミトコンドリアが活性化するには、体中にエネルギーが流れなければならないのです。ですが怒りや悲しみなどの感情を押さえ込むことによって、筋肉は緊張し硬くなり、エネルギーは体に流れにくい状態になります。特に手や足は体の中では末端にあたるので、エネルギーが届かずに手足にあるミトコンドリアが活性化しないのです。上記のようなことから体温が上がらず、どんなことをしても冷えから抜け出せない「冷え性」の体質になってしまうのです。

冷え性を治すには血流の改善ももちろん重要ですが、感情を押さえ込むことによって起きてしまった筋肉の緊張を、元に戻すことも非常に重要になってきます。なぜならどんなに血流を改善しても、感情の方が改善されていなければ結局同じ事を繰り返してしまうということだからです。感情を出すということは、「大人気ない」と思う人が多いかと思いますが、そういう気持ちも捨ててしまって、自分の中にある感情を体の外に出すという行為をするのです。

例えば思いっきり泣くことや、腹の立ったことを物にぶつけてみるのも良いかもしれません。なぜそのようなことをするかと言うと感情を表に出すということは、声と共に体の動きがあるということだからです。冷え性の人やストレス解消には運動を良く勧められます。筋肉を動かすということは、緊張して硬くなった筋肉を緩める効果があるわけです。

そして運動と共に声を出す事も同時に行えば、体の中に溜まっていたストレスが声となって出て行くことになるのです。これらを行うと冷えていた体が自然に温かくなっていくはずです。どうでしょうか、意外にも緊張から来る冷えと言うものもあるのです。緊張ほぐすための色々な方法を自分で考えながら、思いっきりストレス発散してみてはいかがでしょうか。

冷え症に効くツボはどこ?


夏と聞くと暑くて、冷えとは無縁のような気がしますが、意外にも体が冷える季節なのです。会社や乗り物、色々な建物の中はほとんど冷房が効いていて、
暑さから冷たい飲み物ばかりを選び体内からも冷やしている事になるからです。そんなことを繰り返すことで、夏バテや夏風邪などの原因になり、他にも下痢や食欲不振、生理痛などを引き起こしてしまうのです。

皆さんは冷房の中で無意識に足首を組んではいませんか。そのような状態は体が冷えてきたというサインでもあるのです。なぜなら足首の内側には「三陰交(さんいんこう)」という冷えに対するツボがあり、人は自然に冷えた状態に反応して、この三陰交を冷えから無意識に守ろうとするわけです。

事実、体が冷えている時の三陰交はツボ自体も冷たく、痛みがあれば更に腹部にも冷えがあると見られます。そのような時は胃腸の機能が低下しているので、体全体を温める力も十分ではありません。食材にも常温で食べたとしても、体を冷やすものと温めるものがあり、良く性質を見極めながら調理をしなければなりません。

三陰交のツボは内くるぶしから指4本分上がった所が目安で、筋肉と骨の境目の所を探してみましょう。静かに息を吐きな
がらツボを押していき、息を吸う時に離します。強さは控えめにして、3回以上続けてツボを押すのは避けるようにしましょう。温灸も効果があるので、最近は気軽に手に入りやすくなりましたから試してみるのも良いかもしれません。shells-792914__180.jpg

徐々に寒くなり始めて、足が冷えるのは特に辛いことです。靴下を重ねてはいても温かくならないと、どうしていい
か分からなくなります。そんな時にこのツボ押しを試してみてはいかがでしょうか、すぐには効かないかもしれませんが、徐々に足の冷えに効果をもたらしてくれるでしょう。
 

グルコサミンのサプリメントに期待される効果


今注目のグルコサミンは、世界の各国で研究が進められており、多くの国々でその安全性が認められています。ですが、安全性が確認されているとはいえ、どんなものでも過剰摂取は禁物です。

当然グルコサミンのサプリメントだとしても、必ず用法用量が決められていますので、その指示に従って適切な摂取を心がけるのであれば安全性は非常に高いということができますが、過剰摂取になると胃腸や消化器系に対して強い影響を出すこともあります。

具体的には、下痢、胃痛、便秘、胸やけという症状が表れると言われています。ですから、安全なサプリメントだという表記があったとしても、もしも利用者に持病がある場合には担当の医師に必ず相談するにしましょう。病気によっては、グルコサミンの成分が悪影響を及ぼしてしまう場合も無いとは言い切れませんので、その確認は必ず行うようにお願いしたいと思います。

グルコサミンについて、特に注意しておきたいのは甲殻類を原材料としてる場合に、それでアレルギーが出る人も多いので、可能な限り避けた方が良いということです。場合によっては重大な症状が現れる場合もありますので、甲殻類にアレルギーがある人は特に注意が必要です。

また、その他にも精製度や抽出方法、生産地、原材料など、できるだけ確認してみながら、より安全なものを選ぶという習慣が必要です。安全性が高いとはいえ、その生産過程でいろんなものが混入されたり、不適切な処理をされてしまって安全性が損なわれる可能性は否定できないからです。

自分の体を改善する上で、グルコサミンは手助けになりますが、体質もありますので自分で摂取の可否をしっかりと判断することが重要です。
その判断を誤らないためには、日ごろからグルコサミンがどういう物質でどういう性質を持っているのかに関する知識を身につけておくことが重要ですし、また成分表示などを詳しく確認する習慣が必要です。

グルコサミンに限らず健康食品は、正しい知識をつけて利用することでより高い効果を期待することができるようになっています。ですから、健康で美しい肌を保つためのサプリメントは、知識もしっかり身につけて、上手に選択できるようになっていきたいものです。

sck06_ybs02.jpgグルコサミンサプリの効果は?おすすめランキング

貧血の改善には鉄分が豊富な食べ物


貧血は女性に多い健康トラブルのひとつとされています。厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、女性の4 人に1 人は貧血だという結果が明らかになっています。さらに、貧血のうち80%から90%は鉄欠乏性貧血ともいわれています。女性の貧血が多いのは、生理、妊娠、出産などによる影響が大きいといえます。

鉄分が欠乏した状態のまま放置しておくと、動悸、息切れ、疲労感、胸の痛み、偏頭痛などの症状があらわれます。こうしたトラブルにならないように、鉄分を豊富に含んだものを食べるよう心がけましょう。どのような食材に鉄分が多いのか見ていきましょう。

鉄分の豊富な食材は?

■牛・豚・鶏(肉類)
何といってもレバーです。多い順に豚レバー、鶏レバー、牛レバーとなります。そのほかにも、肉の赤身、ホルモンなどにも多く含まれています。
■貝、魚(魚介類)
あさり、煮干し、干しエビなどに含まれる鉄分は群をぬいています。貝類全般、いわし、ウナギ、かつお節などにも多く含まれています。
■豆類
大豆、そら豆、えんどう、小豆など、豆類はどれも鉄分が豊富です。そのため、凍り豆腐、きな粉、油揚げなどの大豆製品にも多く含まれています。
■野菜類、木の実類
野菜やその加工品では、切干大根、パセリ、小松菜、サラダ菜、水菜などが豊富に含んでいます。木の実類は、ごま、松の実、カシューナッツ、ピスタチオなどに豊富に含まれています。ただし、木の実類は脂質やカロリーの摂りすぎにならないように気をつけましょう。
■海藻類
のり、こんぶ、わかめ、ひじき、などすべてにおいて鉄分が豊富です。

吸収率が高いのはヘム鉄
食品に含まれる鉄分はヘム鉄と非ヘム鉄に分類されます。肉類、魚介類といった動物性のものにはヘム鉄が含まれています。豆類、野菜類、木の実類、海藻類といった植物性のものには非ヘム鉄が含まれています。吸収率が高いのはヘム鉄ですから、鉄分は動物性食品から摂る方が効率は良いといえます。

過剰摂取も健康トラブルのもとに!
貧血を改善するには、鉄分の豊富な食材を積極的に食べるように心がけることです。しかし、それ以上に大切なのは、栄養バランスなのです。
ヘム鉄の方が効果的に吸収されるからといって、肉ばかりを食べていたのでは脂質やカロリーの摂りすぎになってしまいます。確かに、非ヘム鉄は吸収率が低いのですが、ビタミンCや動物性たんぱく質を併せて食べれば吸収されやすくなるのです。

日常の食事の中で鉄分を補うのであれば、鉄分の摂りすぎという可能性は低いといえます。しかし、サプリメントなどを利用して鉄分を補う際には、過剰摂取に気を付けなければなりません。体の中に鉄が過剰に蓄積されると、肝機能障害,心不全,糖尿病などの臓器障害を引き起す危険があるからです。合わせてどうぞ>>鉄剤に副作用あるの?